Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

演奏会「メンデルスゾーンとドイツリートの世界」

3月19日は日本ドイツリート協会の演奏会「メンデルスゾーンとドイツリートの世界」に出演してきました。

会場のドイツ文化会館は不思議な感覚のホールでした。ステージで音を出している感覚と客席で聴く印象はだいぶ違ったみたいで・・・演奏会用のホールではないと思いますが、お客様からは「演奏会用のホールとしてみても想像以上に良かった」という声が聞かれました。

今回は、昨年に生誕200年を迎えた作曲家、フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ(1809-1847)の特集ということで、メンデルスゾーンの歌曲を中心にプログラムが組まれました。私は、菊原千草さん(ソプラノ)と藤巻都さん(ピアノ)と一緒に2重唱を3曲演奏しました(このメンバーにピアニストの河村久理子さんを加えると、2008年秋から活動している「P.S.DuoXDuo」のメンバーです・・数年ぶりのDuoXDuoツアーも企画中です)。

2重唱を歌ったのは私たちだけで異色だったと思いますが、優れた2重唱曲をご紹介できたことも嬉しく、大好きな作品を私たちも楽しんで演奏できました。

メンデルスゾーンの曲は「爽やか過ぎて深みがない」などと言われることもありますが、いえいえ・・・彼の育ちの良さ(しかも嫌味がない)と教養の高さが醸し出ていて、それでいて抜群のセンスも兼ね備えていて、他には見られないタイプの、大変魅力的な作曲家だと思います。

100319_2022~01

演奏会後は、ドイツ文化会館内のドイツ料理レストラン「葡萄屋」で応援団?の方たちと会食をいたしました。その様子は次の記事で。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/29(月) 21:46:11|
  2. Concert(演奏会)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。