Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナーブル音楽企画による特別演奏会の第2弾決まりました!

5月にオランダより中世音楽の専門家をお呼びして開催し、大変好評をいただきました「アンサンブル・ラルバ」の演奏会から、早3ヶ月が経ちました。貴重な楽器を用いた、大変珍しいプログラムが聴けるということで、県外(遠くは福島県!)からも大勢のお客さまにお越しいただきました。当日はお二人の素晴らしい演奏による贅沢なひと時をお楽しみいただけたと思います。その節は、皆さまありがとうございました。

さぁ、満を持して第2弾として企画したコンサートの詳細が決まりました!皆さま、手帳でスケジュールをご確認ください♪

9月12日(金)19:15開演
Ut/Fa(デュオ ウト・ファ)山梨公演
「6種類のリコーダーとチェンバロの魅力」
場所:アリアディフィレンツェ マイスターホール
(甲府市川田町アリア205)
自由席 2000円

Ut/Faはリコーダー奏者の宇治川朝政さんとチェンバロ福間彩さんによるデュオグループ名です。宇治川さんは小学6年生より東京都リコーダーコンテスト、及び全日本リコーダーコンテストに出場し、独奏部門において7年連続金賞を受賞。2000年、第14回古楽コンクール<山梨>バロック・ルネサンス旋律楽器部門において最高位受賞。2005年、ベルギー ブルージュ国際古楽コンクールソロ部門にて第2位を受賞などしています。福間さんも、2005年、第19回古楽コンクール<山梨>チェンバロ部門最高位受賞。併せて栃木〔蔵の街〕音楽祭賞を受賞し、お二人ともオランダやスペインなどで修行後、現在は国内外で活躍しています。

utfa.bmp


お二人はいつも自然体で、音楽を心から愛し、演奏を心から楽しんでいます。彼らのリコーダーとチェンバロの音色は、この世のものと思えない不思議な感覚にとらわれます。音楽のもつ躍動感や色彩、邪念が取り払われた、そこに音楽だけが存在するような時間をきっと体験できることでしょう。山梨で古楽を聞ける機会は滅多にありません。しかも今回は宇治川さんに大小異なる6種類のリコーダー(学校で吹いたようなリコーダーではなく、作曲された時代に実際存在したオリジナル楽器の貴重なコピーなどです)を持ってきていただいて、それぞれの個性の異なる音の個性も堪能していただく贅沢な企画です。しかも、気さくなお二人がトークをしながら、分かりやすく進めてまいります。もう、私自身が今から楽しみでなりません!

演奏予定曲目

J.v.Eyck(ヤコブ・ファン・アイク1590頃-1657)/ 笛の楽園より
C.F.Dieupart(シャルル・フランソワ・デュパール1667-1740)/  6つの組曲より
J-M.Hotteterre(ジャック・マルタン・オトテール1674-1763 )/ プレリュード 他

知らない曲ばかり、だと思いますが、知らない曲なのにどうしようもなく惹かれてハマッてしまうのが彼らの演奏の特徴だと思っています。古楽の摩訶不思議な魅力を体験しにいらしてみませんか?会場のマイスターホールは、建築デザイナーが総合的に設計して建てられた企業群があるアリアディフィレンツェの中にあり、外観も音響も素晴らしい会場です。

チケット発売は1ヶ月前(8月12日)からの予定です。県民文化ホール、内藤楽器、桃源文化会館、東京エレクトロン韮崎文化ホールなどで購入できますし、ナーブル音楽企画でも予約、お申し込みが可能です。

メールでのご予約・お申し込み
info@naablemusic.com

お電話によるご予約・お申し込み
090-3547-4039
  1. 2008/07/30(水) 20:47:06|
  2. Concert(演奏会)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<葡萄工房 ワイングラス館 | ホーム | 巨大な「まつぼっくり」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/112-999eab9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。