Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かいじコンツェルトハウスへのアクセス

来たる5月1日(木)19時から「アンサンブル・ラルバ」の演奏会が行われる、かいじコンツェルト・ハウスへのアクセス方法についてお知らせいたします。

車で来られる方は以下のような行き方が分かりやすいです。

石和温泉駅方面から:石和温泉駅北を線路沿いに春日居方面に走る道路を、春日居方面へ進む。春日居に入ったら一つ目の交差点(小松十字路。右手にスーパーHugaやエネオスがあります)を右折、そしたらすぐ左に細い道があるので左折します。入ればそこがコンツェルトハウスです。小松十字路を右折→すぐ左折ですから、交差点を斜め右に入っていく感覚に近いかもしれません。

笛吹橋方面から:笛吹橋をそのまま北上する道を進むと、左に石和常盤ホテル、右に山梨リハビリテーション病院があり、もう少し進むと小松十字路があります。左手にエネオスやHugaがある交差点です。その交差点のすぐ手前に右に入る細い道があるので、そこを右折するとあります。

また車のない方は、春日居町駅~石和温泉駅の区間にバスが通っており、コンツェルトハウスの目の前がバス停(バス停名「小松十字路」)ですので、そちらを利用なさってください。下の路線図を参考にお願いします。

春日居町駅~石和温泉駅のバス路線図と時刻表

1000年近く前の音楽(厳密に今回のプログラムでは1100年代~14世紀末までの作品)の響きを体感してください。「吟遊詩人」という名前は聞いたことがありませんか?実際、中世の吟遊詩人たちが歌っていただろう曲も聴くことができます。当日使用する楽器も大変貴重です。私は美加恵さんが歌いながら演奏する手回しの箱型楽器が大好き。リュートはギターの前身で、中世時代からバロック期に使用されていました。とにかく日本でも滅多に聴けない貴重なコンサートですので、一人でも多くの方にご来場いただけますことを願っています!どうぞ宜しくお願いいたします。

「アンサンブル・ラルバ山梨公演<中世の愛の歌>」
夏山美加恵(ソプラノ)、ルネ・ジェニス=フォルジャ(リュート)

演奏曲:
マルティン・コダス(1200年頃)<恋人の歌>より数曲抜粋
トルバドゥール、トルヴェール(吟遊詩人)歌曲集より    
モンセラートの失い本より(14世紀末)「聖母の七つの喜び」他

5月1日(木)19時開演 かいじコンツェルトハウス(笛吹市春日居小松1173)

問い合わせ:ナーブル音楽企画(私が代表をつとめる団体です)
ナーブル音楽企画ホームページ
info@naablemusic.com
090ー3547ー4039

演奏者お二方とも、私などは頭が上がらないほど非常に熱心に研究、勉強されていて、人間的にも素晴らしい方たちなので、そういった方たちとお話したり、演奏が聴けるのが今から楽しみでなりません。

ちなみに会場のかいじコンツェルトハウスはカレーやサンドイッチ、コーヒーなどが美味しい喫茶店が同じ敷地内にありますので、そちらでお食事をしてから演奏会を聴いていただいても良いですよ。
  1. 2008/04/26(土) 07:41:28|
  2. Concert(演奏会)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひとりランチ | ホーム | 病院コンサート、そして田中泯さんの場踊り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/144-078f255c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。