Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「未知なる」演奏会のご案内 その1

久しぶりの書き込みです。
リサイタルが終わって、しばらくは割とゆったりと過ごしていましたが、いくつかの本番が近づいてきて、だんだんお尻に火がつき始めました...。

直近の2つの演奏会はほぼプライベートコンサートなので、公に宣伝ができませんが、一つはとても素敵なスペースでサックス奏者の菊池康久さんとピアニスト古屋かおりさんと演奏します。もう一つは病院で、ピアニスト小野惠子さんに共演いただいて「祈りの歌」をあつめたコンサート&プチ講演会をやります。二つとも素晴らしい共演者(いつものこと♪)と、お客さまも素敵な方ばかり(これもいつものこと♪)で、とっておきの時間が過ごせること間違いなしです。これらのコンサート、演奏者にご興味ある方は、ぜひリクエストください。会場は変わると思いますが、それぞれ第2弾のコンサート、実現するかもです♪

さて、次は大々的に告知をしたい、皆さんに来ていただきたいコンサートのご案内です!

5月1日(木)19時~笛吹市にある「かいじコンチェルトハウス」でオランダからいらっしゃる二人の演奏家による中世音楽の演奏会を開催いたします。
アンサンブル・ラルバの夏山美加恵さん(ソプラノ)とルネ・ジェニス=フォルジャさん(リュート奏者)のご夫婦による素晴らしいデュオです。

なんと言っても、10世紀~13世紀の西洋音楽を聴ける非常に貴重な機会で、日本にいたら一生聴けないかもしれないジャンルの音楽です。アンサンブル・ラルバは現存する当時の詩や楽譜、史実に基づいて、熱心に取り組んで演奏されているグループで、ヨーロッパの各地で活躍されています。まさに未知の響きの世界を体験することができるでしょう。

会場の「かいじコンチェルトハウス」は、日本のホールの中では珍しく豊かな響きを持ったホールで、お二人の音色や音楽の織りなす微妙なニュアンスをとても素敵にお伝えできるのでは、と思います。古い時代の音楽なんて難しい、とか眠たくなってしまうのではと思う方!一度聴いてみてください。ちょっと民族音楽のような、そして普段聴くもう少し後の時代のクラシック音楽の根源となる世界が感じられる、本当にお薦めのコンサートです。一般の方にも存分に楽しんでいただけるように、途中、当時の音楽や楽器についての面白い説明やインタビューの時間もあります。どうぞ一人でも多くの皆さんに来ていただきたいと思います。私は歌いませんが、インタビュアーとして参加させていただきます。

チケットは県民文化ホールのチケットぴあで購入できますし、ナーブル音楽企画でも取り扱っています。お電話でのお問い合わせは、090-3547-4039(ナーブル音楽企画)までお願いたします♪

なお翌日の5月2日(金)には富士吉田市のバプテスト教会でも同じプログラムでアンサンブル・ラルバのコンサートがあります。富士吉田のお近くにお住まいの方、どうぞそちらに足をお運びください。お問い合わせ・連絡先は同じです。チラシだけでもお送りしますのでご連絡ください♪
  1. 2008/04/08(火) 09:54:47|
  2. Concert(演奏会)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「うたし」なコラボ・コンサートと「くじらぐも」さん | ホーム | ごちそうランチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/147-ff5fd162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。