Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

よく寝た、けれど

眠りすぎでしょうか?
左肩が寝違えたような、嫌なハリがあります...。

昨夜は23時に寝て、今朝は8時に起きる始末。
いずれにせよ久しぶりに長時間睡眠できました。

午前はヨガに行ってまいりました。
甲府駅北口の、いつものバレエ教室で、バレエの師匠がヨガもレッスンしてくださいます。バレエの先生だけあってか、内容はヨガポーズ以外に、ストレッチや腹筋、背筋を鍛えるメニューが豊富です。生徒さんの平均年齢は40、50歳台だと思うのですが、20年も続けている80歳の方なんて、はじめの数年は足も上がらず大変だったそうですが、3年も経ったらひどい腰痛が治り、今では腹筋20回、その他のきついメニューを平気でこなされています。週1日1時間だけなのに、継続の力というものを思い知らされます。

今日は寝すぎて身体がバリバリだったので、ヨガが普段以上にとてもありがたく感じました。毎回のメニューに「鍬(すき)のポーズ」がありますが、私はこれが自分自身の一番のバロメーターになっています。ヨガではとても有名なこのポーズは、仰向けに寝て、足を上げてきて、そのまま頭の上の床まで下ろして静止するというものです。身体が疲れて、首筋から背中が硬くなっていると、床まで下ろすまでが大変です。首から腰まで、骨と骨の間を丁寧に1つすつ曲げて、やっと足が床につきます。体調が良いと割と楽にこのポーズがとれます。しかし今日のような身体だと、つくまでは何とかできても、それを30秒維持するのが至難の業で、ヒザ裏あたりがピリピリしてきて、首から腰のラインもギュウギュウ言っているように感じます。小さい頃は難なく出来たこのポーズも、歳を重ねるうち、だんだん難しくなっていく恐ろしさ。週1度でも継続して、ささやかなるアンチエイジに取り組むことにします...。
  1. 2007/09/29(土) 00:18:29|
  2. Private(個人的)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<万葉のくさもち | ホーム | お疲れモード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/180-cfe7cca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。