Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金丸夏奈子さんという伝説

メゾソプラノ歌手の金丸夏奈子さん。
今週9月4日、41歳という若さで天に召されました。

かなこさんは、ミュージカルやオペレッタなどを歌うときは姿城夏奈という芸名で、クラシックを歌うときは本名の金丸夏奈子でステージに立ってきました。

私とかなこさんの出会いは今年1月に山梨県主催の「出会いわくわくコンサート」での共演でした。昨年夏にガンと診断されて、しばらく入院をした後の、彼女にとっては復帰第1弾の記念コンサートでした。

ただのクラシック歌手ではなく、ミュージカルも踊りも勉強されていたし、ステージについてこだわりが強くて、打ち合わせの時から、そういうかなこさんの強い信念に惹かれました。

私の自宅での、初めての合わせ。
「前みたいな力強い声が出ないの」と言うかなこさんに、伴奏の小野惠子さんは「大丈夫、かなこちゃんは大きな病気を経験して、今までと違う歌が歌えるんだから自信持って」と言われていましたね。私は病気をしてからのかなこさんの歌しか知りません。十分ヴォリュームのある声だと思いました。かなこさんの歌に対する私の印象は「芯のある歌」。まさにかなこさんが最期まで「歌いたい」と願い続けた、本当に歌うことを愛していた気持ちがそのまま歌から感じられたのだと思います。

初めての合わせの後、二人きりになった時、かなこさんが私に「とても良い声ですね。外国人が歌ってるみたい」と言ってくれたのがお世辞でも嬉しかったのを思い出します。私はかなこさんと話しているのがとても楽で、それは二人の相性というよりもかなこさんの人間性だったと思っています。

今日はかなこさんの出演も予定されていた、甲府カトリック教会での「祈り」コンサートでした。かなこさんは写真としてステージ中央に飾られ、共演者の小野惠子さんとチェリストの有泉芳史さんがかなこさんのレパートリーを演奏し、追悼コンサートとなりました。

コンサートの直前に御堂内がほぼ真っ暗になり、ピアノとチェロの音色が聞こえてきた時、その音には邪念が一切なく感じられ、今まで聞いたことがないくらい純粋な音楽そのものを聞きました。

私はまだかなこさんがこの世に生きていないことがあまりにも信じられませんでした。だからかあまり涙が出ませんでした。ただ写真になって飾られているということは事実のようでした。

用事があって途中で退席しなければなりませんでしたが、私が最後に聴いた曲、小野惠子さんが編曲したラフマニノフの作品の途中から、ブワーっと涙が一気にこみ上げました。かなこさんのことが悲しかったからか、演奏が素晴らしかったからか、音楽そのものがそうさせたのか良く分かりません。それに理由は一つではないかもしれません。でも、人間として生まれてこういうものに感動できて本当に幸せだと思いました。

コンサートは始めから私が退席するまで(きっと終わりまで)静かで温かな祈りに包まれていました。

私が今、死んでも、たぶん誰もこのような追悼コンサートはやってくれないでしょう。お互いにとって大切な存在である人たちがかなこさんの周りには何人もいました。それを当事者の人たちがみんなちゃんと気がついていました。本当に素敵なことです。

そんなかなこさん生き様を思うと私は一体何をしているんだと言いたくなります。いろんなことがかなこさんよりずっと足りていないけれど、それでも私は私の歌をこれからも歌い続けるのだな、と思うのです。

先週から今週にかけて、なぜか私の頭に、かなこさんの歌う「祈り」の冒頭部分が、かなこさんの声や歌いまわしで聞こえてきて、ぐるぐる何度も回っていました。何となく気になって、かなこさんと親交が深い小野惠子さんにメールをしてみたりしました。今思うと、とても不思議な気がします。かなこさんの人生最期の歌は先月末に病院コンサートで歌った「祈り」だったそうです。

かなこさんにとって私は、人生のほんの一瞬すれ違っただけかもしれないけれど、私にはとっても大切なことを教えてくれました。
かなこさん、ありがとうございました。
どうか安らかに眠ってください。
  1. 2007/09/08(土) 00:47:36|
  2. Musician(音楽人)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミニコンサートつづき | ホーム | 結婚式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/190-04c603be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。