Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ナーブル再始動です!

私が主宰していますナーブル音楽企画、9月5日(土)と6(日)の大きなイベントに向けてホームページもリニューアルし、本格的に再始動いたしました。まだPCによって改行がされてなかったり、改善箇所が多々ありますが、少しずつやってまいりたいと思います。

9月5日(土)19:00開演 アリア・ディ・フィレンツェ マイスターホール

9月6日(日)14:30開演 アルソア本社 スペース・シンラ

にて、アンサンブル・レ・ナシオン山梨公演「~ヨーロッパで活躍する若手演奏家たちによる~バロック音楽で巡るヨーロッパ」というコンサートを開催する運びとなりました。ナーブル音楽企画と木の器共催公演となります。

世界のトップレベル奏者が山梨に来ることも滅多にありませんが、ナーブルではそういった機会もできるだけ提供していきたいと思っています。

レ・ナシオンを聞いたのは、2年前だったでしょうか?確か、千葉県のさや堂ホールでのコンサートだったと思います。彼らの奏でるバロック音楽の美しいメロディに引き込まれ、ヴァイオリンなどによる超絶技巧に圧倒され、音楽の魅力満載のコンサートで心が強く揺り動かされました。私がナーブルを本格的に立ち上げるきっかけとなったコンサートだったのです。

今回のメンバーの中には昨年9月に大好評で再演の声が多かった「Ut/Fa(ウト・ファ)」のお二人(リコーダー宇治川朝政さん、チェンバロ福間彩さん)がいます。昨年のUt/Faコンサート後に「Ut/Faが山梨に来たの?!彼らは世界のトップレベルだよ!」とおっしゃった某教授がいらっしゃったそうですが、知る人ぞ知る若手のホープです。また古楽で最も権威のあるブルージュ国際コンクール(古楽のコンクールに関しては日本ではマスコミでほとんど取り上げられないですが、ブルージュはモダンのチャイコフスキーコンクールと肩を並べるものだと私は思っています)で第1位をとったヴァイオリニストの高橋未希さん、またブリュッセルで学ばれ、ヴァイオリンとヴィオラの両方で最高栄誉賞をとった秋葉美佳さん、それから新日本フィルハーモニーでモダンチェロ弾きつつ、バロックチェロとヴィオラ・ダ・ガンバも弾き分け、古楽の奏者としても評価の高い武澤秀平さんという、すごい顔ぶれです。

内容・規模ともに今までで一番大きなイベントとなるので、チケット料金は以下のように設定させていただきます。

一般3000円
ペアチケット5000円

彼らの平均チケット料金から考えますと、今回は考えられないリーズナブルな設定となります・・・。この機会をぜひお見逃しなく、大勢の方にいらしていただきたいと思っております。土日、2会場とも同じプログラムです。小淵沢も甲府からでしたら避暑がてら気軽にお越しいただける場所ですので、都合に合わせてお越しください。どうぞ宜しくお願いいたします。
  1. 2009/07/16(木) 17:15:22|
  2. Concert(演奏会)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴルゴンゾーラとクラッカーの絶妙 | ホーム | ひと息・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/26-cc86ff77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。