Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バラ園にて

rose03.jpg気がつくと、前回の日記から経つこと2週間。不定記日記だから(?)。
日本で、日本人として生活し始めて2ヶ月近くになった。
そんなに、特別に思うことないと言われるかもしれないけれど、
それなりに外国生活を続けて戻ってくると、まわりと感覚がはまらないときがある。
葛藤するときはいいのだけれど、ほとんどは私の常識内で行動が先走りしやすくなっている。
あぁ、これは結構、前からか...。
8年ヨーロッパにいた人が「日本人に戻るまでに少し時間もかかる」と言っていたこともあり
いろいろ思い出しながら、環境適応が必要なときは、やっていかないと。
いずれは、なんとかなるでしょう!

とにかく、それ以上にいろいろと楽しいことがあって、
細々ながら歌のお仕事をいただけていることに感謝。
どんな演奏の機会でも、精一杯やることを心がける。
ちゃんとした演奏会は夏まで待たないといけないけれど、それまではこのペースがいい。
少しずつではあるけれど、こちらの音楽家の方々と知り合う機会も増えてきた。

さて。昨日は隣町のT邸に行ってきた。
T様ご夫妻が広大なお庭にバラを育て始めたは10年近く前で、
6年前からは毎年「バラ園コンサート」を続けてこられた。
私は記念すべき第1回目に出演させていただいた。留学の1年前かな。
本当に素敵なお庭で、うっとりする。
あんまり整えすぎないで、多種の草花が茂っているのがイングリッシュ風かな。
下を見ると、可愛い色の草花(バラばかりではない)に、うっとり。
ちょっと遠めに眺めても、その柔らかい庭の趣に、うっとり。
そして、草もお花も元気。
手のかかるバラをこれだけに育てられたのは、ご夫婦の楽しみながらの努力があってこそ。
裏庭で勝手に摘んだ甘いイチゴをほうばりながら、奥様の作ったパイナップルジュースをいただく。
この時期は、毎日大勢の見物客(近所の方やその友人の方など、数珠繋ぎ?)がいらっしゃって、
その方たちに同様のもてなしをするから、ご夫妻も大忙し。
帰るときに、ご主人みずからバラを切って、バラの花束をお土産にくださった...。
お花屋さんでは買えない種類のバラばかり。美しすぎて、感激。
もう少し近かったら、絶対お散歩コースに入れるのになぁ。
  1. 2007/02/03(土) 23:33:15|
  2. Place(場所)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宝箱が届く | ホーム | Cred>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/271-69a91e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。