Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Cred

theacd.jpg"Cred"という言葉がある。ラテン語で「信念」の意。
3月末、私がオランダを発つ直前、大好きな師匠であるテアのお宅に遊びに行った。
彼女が3年前に音楽院を去ってからも、私は時どき彼女の家に遊びに行った。
アムステルダム中央駅からメトロに乗って30分の、終点で降りる。
大きな湖と、湿地帯、静かな自然に囲まれた団地内に彼女の家はある。

彼女の存在そのものが「音楽」と思う。
話し方、しぐさ、間、動き、ひとつひとつが音楽的で、その存在の魅力にいつも惹きつけられる。
温かくて、陽気で、クール。成熟していても、若さを忘れない。
「今でも心は26歳だから、鏡を見た時にびっくりするのよね」と言う。
彼女に会って、その気を受けるだけで、十分。それだけで歌が上手くなる気がする。
私のオランダ生活のなかで、かけがえのない、もっとも敬愛すべき人の一人。

その日、彼女は一枚のコピーCDを私にプレゼントしてくれた。
彼女の生徒の演奏会を聴きに来た一人が、テアの大ファンで
後日、自分がラジオなどから録音していたテアの歌をCDにまとめて彼女に送ってくれた
そのCDのコピーだった。

その日は、総まとめのようなレッスンで、彼女は「ひとりの音楽家として伝えたいこと」を語り始めた。

「"Cred"という言葉があるでしょう?
私の音楽家としての3つのCredを教えましょう。
一つめは"息で表現すること"。
歌のフレーズが始まる前から、時には音楽自体が始まる前から、それを心がけること。
二つめは"言葉"。
"歌詞"がその意味をきちんと伴い、その口から生き生きと発せられ
音楽のなかで輝いたものでなければならない。

3つめは、
人生において"体や心が拒否してしまうようなことは絶対しないこと!"」

そんなテアの言葉を思い出しながら、このCDを聴く。

私の音楽家としてのCred----。ここで公開するようなものじゃないけれど。

私もCredのある音楽家として生きたい。
そして演奏にそのCredが現れる人になりたい。
  1. 2007/02/03(土) 23:22:58|
  2. Musician(音楽人)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バラ園にて | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/272-e35da772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。