Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファン・ニューケルケン氏 講習会(東京、山梨)

川口聖加ソプラノリサイタル2010で伴奏をつとめるオランダ人ピアニスト、マリーン・ファン・ニューケルケン氏の大変お得な公開レッスンのお知らせです。

ファン・ニューケルケン氏は、オランダが世界に誇る名ソプラノエリー・アーメリングなどが審査員をつとめる国際学生リートデュオコンクールの発起人・芸術監督をつとめています。歌い手専門のピアニストになって世界各地で演奏、また講習会で教えています。

今回の来日に合わせて、日本の演奏家・愛好家の方々に参加していただきたいと思い、ファン・ニューケルケン氏の歌曲マスタークラスを企画しました。山梨と東京の2会場で開催します。

このレベルの講師ですと、普通は倍以上の参加費を取ることが多いのですが、何とか大勢の方にお集りいただきたく、大変お得に設定してあります。なんと参加費ペアで8000円です!聴講でしたら1500円。ピアニストと歌い手に同じ質・同じ量で指導してくださるとのこと。発声は基本的に指導しませんが、発声のテクニックに結びつくような演奏しやすくなるテクニックは教えてくださるでしょうし、解釈からピアノ伴奏の細かなテクニックなど、とても刺激的なレッスンになることでしょう。英語でレッスンし、私が通訳します。どうぞふるってご参加ください。

ただいま、東京も山梨もあと1組の空きがあります。もし伴奏者が見つからない場合は、ファン・ニューケルケン氏自らが伴奏をしながら、歌曲の演奏法・歌唱法・発音などをトータルでレッスンしてくださるそうなので、ご相談ください。

公開レッスン受講生(1月6日時点)

1月23日(土)山梨県民文化ホール会議室
1.島崎知恵子(ソプラノ)輿水敦子(ピアノ)
2.大寄清香(ソプラノ)立川あかね(ピアノ)
3.荻原恵里子(ソプラノ)相川拓也(ピアノ)
4.井出真優子(ソプラノ)山岸恵(ピアノ)
5.根岸香苗(ソプラノ)渡辺由起(ピアノ)
(番号と当日の演奏順は異なります)

1月31日(日)亀有駅前あいほーる
1.中野喬司(バリトン)渡邊千春(ピアノ)
2.雨宮正樹(テノール)浅野加歩理(ピアノ)
3.宇田川かおり(ソプラノ)富松万里子(ピアノ)
4.間山るみ子(ソプラノ)富永有里乃(ピアノ)
5.諸橋理恵(ソプラノ)服部尚子(ピアノ)
(番号と当日の演奏順は異なります)


聴講希望の方も広く募集しています。どうぞ気軽にお越しください。

「マリーン・ファン・ニューケルケン氏 歌曲マスタークラス」
~歌い手とピアニストのための~
(声楽・ピアノデュオのための歌曲演奏に関する特別講習会)

2010年1月23日(土)13時~16時半  山梨県民文化ホール内会議室
2010年1月31日(日)13時~16時半  あいほーる (東京都葛飾区亀有駅近く)

参加料:ペアで8,000円(40分間のレッスン)
聴講料:1,500円

伴奏ピアニスト、コレペティとして長年ヨーロッパで教えてきたニューケルケン氏が歌い手・ピアニストの両者にきめ細かなレッスンをしてくださいます。

※参加者と聴講者を募集いたします。基本的には先着順となります。
受講曲は、ドイツリート、フランス歌曲、イギリス歌曲のうちから2曲選んでください。
基本的にはペアでの応募となりますが、ペアが見つからない場合は、歌い手あるいはピアニスト単独での応募も受け付けます。
詳しくはナーブル音楽企画にお電話、メールにてお問い合わせください。

ナーブル音楽企画
http://www.naablemusic.com
090-3547-4039

■ マリーン・ファン・ニューケルケン氏(ピアニスト)
プロフィール
トム・ボーレン氏にピアノを学び、ソロピアニストとしてディプロマを取得した後、歌い手の伴奏ピアニストに転向、ジョージ・ファンルネス、カレル・ヒルサン、フェレックス・デ・ノベル、ルドルフ・ヤンセンに師事。1986年にハーグで行われた国際歌曲伴奏コンクールでファイナリストとなる。歌曲のリサイタル伴奏にとどまらず、室内楽やオラトリオなどの伴奏ピアニストとしても活躍する。ルート・ファンデアメール、ピエール・マック、グース・フークマンなどの歌手たちの伴奏、またザルツブルクのモーツァルテウム、ニューヨークのカーネギーホール、アムステルダムのコンセルトヘボウをはじめヨーロッパ、アメリカ、カナダを中心に数多くのコンサートに出演している。また多くのラジオやテレビ出演があり、CDをリリースしている。クラシック歌曲以外に現代歌曲にも精通しており、多くの現代作曲家が彼に曲を捧げている。また歌曲の演奏解釈や歌曲伴奏の講師としてオーストリア、ドイツ、アメリカ、イタリア、フィンランドなどで招かれている。現在はオランダ・エンスヘーデ音楽院で教鞭をとる。国際学生リートデュオコンクールの芸術監督、審査員。
  1. 2010/01/06(水) 20:31:01|
  2. Masterclass(講習会)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ファン・ニューケルケン氏 講習会 追記 | ホーム | ダイニング六魯>>

コメント

No title

Mizukaさま♪

あなた様のコンサートで再会し、このような展開になりました!つくづく感謝することばかりでございます。ありがとうございます。
  1. 2010/01/09(土) 00:38:28 |
  2. URL |
  3. seika #D/skB44U
  4. [ 編集 ]

おおー

かおりが東京の方に参加するんだー、おお~!
なんかいいね、こういう先輩後輩の交流も。

  1. 2010/01/08(金) 05:40:07 |
  2. URL |
  3. Mizuka #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/282-3fda33f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。