Seika's Blog

声楽家 川口聖加による音楽のこと、日常のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真撮影の話

2カ月ほど前に髪の毛をバッサリと切ったので、お知り合いのカメラマン清水力さんに、新しいプロフィール用写真の撮影をお願いしました。出来上がった写真はすでにオフィシャルサイトやこちらのブログに掲載済です♪

撮影場所は、これまたいつも大変お世話になっていて、何度かコンサートもさせていただいている甲斐市の会員制レストラン、ファンタン・ラトゥールをお借りしました。ファンタン・ラトゥールのオーナーの鈴木さんは、実は大変腕の良い美容師さんでもあり、同じ敷地内にDaRiという美容院も経営されています。最近はもっぱらこちらで髪を切ってもらっています。使用アクセサリーはアンティークジュエリーデザイナーの丸山麻理さんと後藤真紀子さんによるもの(私のコンサートでは、このお二人のどちらかによるアクセサリーをつけています)・・・何人もの方々のご協力をいただいて、撮影させていただくことができました。ありがとうございます。

清水さんによる撮影は、とっても自然体。カメラマンのペースに引き込んでいくタイプでなく、私のペースで撮らせてくださったので、集中しやすかったです。

撮影をしてみて感じたのですが、写真に撮られることって演奏に似ています。気持ちがフワフワして、イメージできないまま撮られていると全く良い写真になりません。意識の半分はきちんと冷静で、あと半分はどう撮られたいかの自分に集中できたまま撮影されたものは、イメージ通りか、少なくとも良い結果として現れてくれます。

今まで使用していた写真は5年ほど前にオランダで撮ってもらったもの。それらも大変気に入っていましたが、さすが5年以上経ったものを使用し続けると、だんだん「詐欺まがい」(笑)になってきます。今回は髪も切ったし、使い古したプロフィール写真を一新させるのにちょうど良い機会となりました。

5年前、撮ってもらった何パターンかの写真を師匠のテアに見せたとき、「これが良いわね」と彼女が指をさした写真が一枚ありました。なぜ良いか、理由も教えてくれました。それでもその時はそれほど考えることもなく、その写真を使ったことはほとんどなかったけれど、今になるとなぜその写真だけが良かったのか分かります。当然ですが、彼女には分かっていた・・・。5年という時を経て、私も確実に歳はとりましたが、その分、今回撮ってもらった写真に、以前の私に足りなかったその要素(演奏家として絶対的に必要な要素!)が少しでも現れているならば、これまでの5年の歩みを少しホッとした気持ちで振り返れるかもしれません。

先は長い。先はあっという間。
どちらとも取れるこれからの人生を、途中色んなことと遭遇しつつも、失敗や反省や回り道をしても、感謝をしながら前を向いて悔いなくやっていくのみです。
  1. 2011/10/28(金) 00:34:02|
  2. Private(個人的)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<来年のリサイタルのこと | ホーム | 川口聖加クリスマスディナーショーのご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seikakawaguchi.blog9.fc2.com/tb.php/363-01bf521c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。